新規会員登録
商品名:バックナンバー15年10月号セット 【 計3本 】  価格:5,400円 (5000円+400円:税)

購入済みの方は ログイン後の購入履歴よりご覧下さい。
商品名:バックナンバー15年10月号セット (商品ID:161201-1859)
価格:5,400円 (5000円+400円:税)
動画本数: 【 計3本 】
商品種類:売切り(視聴期限なし)
更新日時:2017年02月28日 13時
視聴デバイス:PC/タブレット/スマートフォン
制作・著作:合同会社 相続メディアサービス

※この動画は「土地の適正評価がマスターできるセミナー」動画の15年10月に配信されたバックナンバーです。
◆セット内容

■土地評価のための基本的な不動産法規

相続税において土地評価を行う場合、土地基本法(都市計画法、建築基準法、農地法など)いわゆる不動産関連法規の知識が必要となってきます。
それらの基本的な部分を抑えつつ、公的土地評価の適正化(1物4価)の関連性にも触れていきます。

■都市計画法上の区域・地域

都市計画法上の区域・地域は、財産評価基本通達との関連が非常に深く、少しあげただけでも以下のようなものがあります。
評価単位、農業用施設用地の評価、市街地農地の範囲、広大地 のほか多数。

また、以下の項目について都市計画図を確認しながら、一つひとつ詳しく解説していきます。

1.都市計画区域
(1)都市計画区域内と都市計画区域外
(2)準都市計画区域
2.市街化区域と市街化調整区域

■土地評価と関連が深い「用途地域」

用途地域によって評価が変わるということは殆どありませんが、用途地域は容積率との関連性が大きいので、抑えておく必要があります。それぞれの用途地域を都市計画図を確認しながら解説していきます。
また、建築基準法上の単体規定と集団規定も解説します。

1.用途地域
2.建築基準法上の単体規定と集団規定

※この動画は「土地の適正評価がマスターできるセミナー」動画の15年10月に配信されたバックナンバーです。

講師:税理士・不動産鑑定士 佐藤健一(税理士法人JPコンサルタンツ)
相続財産で大きな比率を占める不動産の評価に強い。
税理士と不動産鑑定士という2つの分野の専門知識を駆使し、通達などの画一的な評価に依存することなく、独自の価格形成理論を持つ。
著書や講演多数。

※出来るだけ高速通信回線でご視聴ください。スマホ/タブレット端末をご利用の場合、3G回線では再生できない場合がございます。
通信環境による再生不可能の場合、返金は出来ませんのでご注意ください。
そのほかの推奨環境につきましては、以下を必ずご確認ください。

---必ずお読みください---
◆この動画のご視聴は、下記の環境を推奨しております。

■ Windows Vista以上
・InternetExplorer8.0以上
・FireFox(最新版)
・Google Chrome(最新版)
■ Mac OS X以上
・Safari(最新版)
・FireFox(最新版)
・Google Chrome(最新版)
■iOS 3以上
・Safari(最新版)
■ Android 1.X~
・Google Chrome(最新版)

PCでご利用の場合、Flash Playerの最新版をダウンロードしインストールしてください。
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
※CookieとJavaScriptを有効にしてください。

◆DVD等ではありません
当サイトの動画は、パソコン・スマホ・タブレット端末等から、インターネット上で視聴するものです。DVD等の製品がご自宅に届くものではありませんので、ご注意ください。

◆返金について
商品の性質上、返品・返金はできません。ご了承のうえご購入ください。

◆ビデオグ動画販売サービスに関するお問い合わせ(購入、決済等)
support@videog.jp

その他、ご不明な点は、よくある質問をご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【商品内容に関するご質問について】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

制作者に直接お問合せをお願いします。

制作著作:相続メディアサービス
Mial: support@souzokuweb.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━