新規会員登録
商品名:バックナンバー15年11月号セット 【 計3本 】  価格:5,400円 (5000円+400円:税)

購入済みの方は ログイン後の購入履歴よりご覧下さい。
商品名:バックナンバー15年11月号セット (商品ID:161202-1865)
価格:5,400円 (5000円+400円:税)
動画本数: 【 計3本 】
商品種類:売切り(視聴期限なし)
更新日時:2017年02月28日 13時
視聴デバイス:PC/タブレット/スマートフォン
制作・著作:合同会社 相続メディアサービス

※この動画は「土地の適正評価がマスターできるセミナー」動画の15年11月に配信されたバックナンバーです。
◆セット内容

■建築の規模を制限する「建ぺい率と容積率」

建築面積の敷地(1階部分)に対する割合をいう「建ぺい率」と建築できる建物のボリュームを制限する「容積率」を解説していきます。
とくに容積率は、財産評価基本通達との関連が大きいので、欠かすことができない項目です。

1.建ぺい率
2.容積率

■土地の価値を左右する「指定容積率と基準容積率」

容積率には、指定容積率と基準容積率があります。
この容積率の知識は、以下の減価要因や他の土地評価においても頻繁に出てきますので、しっかり覚えておきましょう。

・都市計画道路予定地の補正率
・広大地判定に伴うマンション適地か否かの判断
・1つの土地の中で容積率が異なる宅地の評価 など

■土地評価に欠かせない「建築基準法上の道路」

「建築基準法上の道路」は、建築基準法の中で最も重要で、この道路の規定によっては土地の価値に大きな影響を与えます。
土地評価に欠かせない「建築基準法上の道路」をしっかり押さえておきましょう。

※この動画は「土地の適正評価がマスターできるセミナー」動画の15年11月に配信されたバックナンバーです。

講師:税理士・不動産鑑定士 佐藤健一(税理士法人JPコンサルタンツ)
相続財産で大きな比率を占める不動産の評価に強い。
税理士と不動産鑑定士という2つの分野の専門知識を駆使し、通達などの画一的な評価に依存することなく、独自の価格形成理論を持つ。
著書や講演多数。

※出来るだけ高速通信回線でご視聴ください。スマホ/タブレット端末をご利用の場合、3G回線では再生できない場合がございます。
通信環境による再生不可能の場合、返金は出来ませんのでご注意ください。
そのほかの推奨環境につきましては、以下を必ずご確認ください。

---必ずお読みください---
◆この動画のご視聴は、下記の環境を推奨しております。

■ Windows Vista以上
・InternetExplorer8.0以上
・FireFox(最新版)
・Google Chrome(最新版)
■ Mac OS X以上
・Safari(最新版)
・FireFox(最新版)
・Google Chrome(最新版)
■iOS 3以上
・Safari(最新版)
■ Android 1.X~
・Google Chrome(最新版)

PCでご利用の場合、Flash Playerの最新版をダウンロードしインストールしてください。
http://get.adobe.com/jp/flashplayer/
※CookieとJavaScriptを有効にしてください。

◆DVD等ではありません
当サイトの動画は、パソコン・スマホ・タブレット端末等から、インターネット上で視聴するものです。DVD等の製品がご自宅に届くものではありませんので、ご注意ください。

◆返金について
商品の性質上、返品・返金はできません。ご了承のうえご購入ください。

◆ビデオグ動画販売サービスに関するお問い合わせ(購入、決済等)
support@videog.jp

その他、ご不明な点は、よくある質問をご確認ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【商品内容に関するご質問について】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

制作者に直接お問合せをお願いします。

制作著作:相続メディアサービス
Mial: support@souzokuweb.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━